縄文時代の食糧事情と現代の野生動物

2018年10月20日の午後 かねてより約束していた、縄文時代から食べていたという「ヤブツルアズキ」と「ツルマメ」が収穫期を迎えたということで、岡山理科大学の那須先生の所へ ヤブツルアズキは現代の小豆の原種 なるほど白いへそがあります ツルマメは大豆の原種 ということで、どちらも試食させていただきました  ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつの間にか梅雨入り

初夏にアトリエの風景を紹介しようと思っていたのに    大勢の子供たちの校外学習でにぎわっていた造山古墳も、今は静かに緑色に覆われています   梅雨入りして、蛍の話題がメディアに載るようになって ここ数年確認していなかった西川緑道公園(ただし、桃太郎大通りより北側、岡ビルよりも北)の蛍が 気になり昨夜(6月10日)9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月10.11.12日は京都植物園で「苔 こけ コケ展2017」

恒例になりました、秋の京都府立植物園にて開催される「苔 こけ コケ展2017」限定の、 岡山で発見された「キビノダンゴゴケ」と岡山名物銘菓「吉備団子」のコラボレーションが実現しました  もちろん、吉備団子にコケが入っているわけではありませんが、  かわいいコケたちの絵に包まれた吉備団子です  3日間限定ですので、ぜひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トノサマバッタの産卵

10月9日祝日の日  造山古墳の周辺は、稲刈りの真最中  秋晴れ 三々五々 造山古墳への来訪者が    千足古墳の石室にある石障のレプリカをみようと近づいてみると  足元に何かいる  敷石の間に生えているコケが盛り上がり、土の中にトノサマバッタが産卵の真っ只中    2枚目の写真がぶれているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのキヌガサタケ

夏の間に伸び放題になっていたアトリエの周辺を掃除  何年ぶりかに、草むらの中に、キヌガサタケを発見 優雅な(?)白い衣と不釣合いなぬめぬめ頭     造山古墳にいたる道には、彼岸花ロードが     手前の小山が造山古墳  左手奥の山が江田山 右の奥が福山(足利と新田の戦い 福山合戦の場所)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議と秋の彼岸には彼岸花

台風18号が日本列島を串刺しにした翌日 お約束どおり、彼岸花が咲き出した    家の前の西川緑道公園にも近年、彼岸花がずいぶんと増えた 赤だけではなく白も       誰が球根を移動させているのか? 土が少なく少し球根が出ているところがあって、みるとおいしそう  昔の人は、食べただろうな・・・   花の下の茎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「苔についてー永瀬清子と小さなものの世界」企画展

岡山県赤磐市出身の詩人永瀬清子さんと倉敷市出身のコケ植物研究家井木張二さん(岡山コケの会創設者) との詩とコケのコラボレーション展が、赤磐市(旧熊山町)の永瀬清子展示室で開かれている(9/8-11/19)    9月10日には、関連行事として、「コケ観察会」を開催 岡山コケの会協力  ほとんどの方が、コケ観察会ははじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのコケ観察会

7月8月と依頼の仕事があり、猛暑の中制作の手伝い! 8月26日にようやく引渡しが済み、月末夏休みを  群馬県みなかみ町で開催された日本蘚苔類学会に8月29日-31日と参加してきた  29日は、高崎市で途中下車して群馬県立歴史博物館へ ちょうど夏休みとあって親子連れが来館  群馬の森の一角に、近代美術館と歴史博物館が並んでお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモ親子

   雨上がりの7月7日朝 アトリエに来て用水路にかかる橋からふと下を見ると  土砂だまりの上に見なれないものが・・・  よく見ると1羽のカルガモが10匹の雛を連れて、一休みしている  カメラを出しているうちにみんなで泳ぎだして、なんとか捉えることができたのが この写真    母親のそばで離れないように一生懸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨真っ盛り なのに・・・

沖縄は、22日梅雨明けしたそうです ここ岡山では、21日に雨が降ったのですが、梅雨らしくない日々です きっと、ここ数年梅雨の末期になると豪雨になる、そんな梅雨なのでしょう、今年も ねむの木もタイサンボクの花も夾竹桃も一緒に咲くような、なんだか変な季節の様子です  でも、アトリエのジャコウアゲハは、きっちりと雨の翌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花盛り

 今日は、少し涼しくカラッとしていて、過ごしやすい  久々のブログです  日によって、温度差が激しく、体の調節がついていかない  アトリエの花もなんだかいっせいに咲き出している  幼くして逝った孫娘の花「クレマチスのアンドロメダ」が東京のおうちでもここ岡山の地でも咲きました。  毎年この時期には、きっちり咲いてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気がつけば春真っ盛り

 2月3月とまるで冬眠していたかのような日々が続き、気がつけばそこかしこが花盛り  家の前の桜は散りはじめ、足元を見ればハナニラの群生が! そして桜吹雪が中庭にも舞い降りて・・・。    そして、吉備路の界隈は、桃の花が咲き誇りさしずめ桃源郷    4月16日(日)は、4年に一度の「造山古墳祭り」です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回エコ・アート展 2017.1.24-29 岡山県天神山文化プラザ

 声をかけられるままに、怖さ知らずで第1回「エコ・アート展2017」に出品 岡山県天神山文化プラザにて  昔、子供たちが小さかったころ洋服をつくったり、編み物をしたり、ちょっとした刺繍をしたりしていたので  端切れや残り毛糸・刺繍糸などがけっこうあるので、それを使って作品を作ってみた  ヒマワリのプリントがしてあった布を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコアート2017のご案内

暖かいお正月が過ぎ、今年の冬はどうなのかしらと思っていたところ   小正月(これはもう死語かしら)に急にどか雪 ゲリラ豪雨と同じ現象でゲリラ豪雪らしい   やはり、どこか気象現象がおかしい、大きな地震でも来るのでは?とご近所さんと話す  ところで、知り合いの呼びかけで、「エコアート2017」に出品することになり、只今制作中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もあと少し

あっというまに2016年が終わりそうです。 1月にあったことなど、もうすでにずーっと昔のことのようです。 何年か前に娘から母の日に届いた「カニラン」 株が張りすぎたので、6鉢に分けたところ、 秋頃から蕾をつけ始め、どの鉢も大きな花をつけてくれました。 今年15年になる亡き母の像のそばで咲いている1枚をアップして、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスアート~イチョウウキゴケ~

2016年11月11日~13日まで「京都府植物園」で開かれた、「コケ・こけ・苔展」に モスアート~イチョウウキゴケ~(コケオブジェ)を出品しました。  都合で、11日12日の2日間のみとなりましたが、    前回(一昨年)は、ゼニゴケそのままの形でしたが    今回は、形はイチョウウキゴケをベースにハート型に、色はコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苔コケこけ展2016 京都府立植物園 11/11-13

今年で4回目となります 京都「苔コケこけ展2016 」京都府立植物園 11/11-13 下記の内容で開催されます  私もコケアートでコケオブジェを出品しております  「モスアート~イチョウウキゴケ~」です どうぞお楽しみに テーマ: ~木毛翠(こけみどり) 織りなす自然 つらなる文化 ~    会 期: 2016年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

造山古墳・千足古墳の今

岡山県最大の前方後円墳「造山古墳」の後円部の一角が雨で崩落 其の直後と修復の様子を記録しておきます 2016.6.23」 2016.9.26 モルタル拭きつけ 2016.10.7真砂土吹きつけ 4年前に直弧文の崩壊が判明し、調査・石障取り出しにはじまった、千足古墳の修復と称した「現代の古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の吉備路

久しぶりに、吉備路へ  国分寺五重塔の周辺は、ヒマワリが満開  怪しい空模様にも関わらず、カメラを構えた人々が!  そろって東向きのヒマワリをパチリ        最近の梅雨は、シトシトと長雨いう感じではなく  まるでスコールのような土砂降り   地震の被害地に追い打ちをかける  自然も人も荒れ模様
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回古墳カフェ 「鬼の話!」

6月11日(土)10:00~12:30 講師を入れて24人 島根県は石見大田市、石見銀山のすぐ隣にある「鬼村」から鬼研究家にして熱烈石見神楽応援団の 波多野律子さんに来ていただき、「鬼」という地名にまつわる、またそこから見えてくる古代史について 熱く語っていただいた。    午後は、講師を入れて16人でそれぞれ感想を交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more